このページの本文へスキップします。
移住定住の取組
移住定住の取組

支援制度検索

キーワードで探す
61 件見つかりました。
子育て移住促進 子育て世帯住宅整備推進事業
市町村名
福生市
内容

子育て世帯が長期優良住宅を取得した場合に、固定資産税等相当額を助成する「長期優良住宅取得推進事業」を行っている。

子育て 幼保小中連携事業
市町村名
福生市
内容

園児と小学生の交流活動や、保育士・教員の保育・教育活動の相互理解、慶應義塾大学による保育調査研究などを通して、指導方法等を改善し、円滑な接続、連携を図っている。

子育て医療・福祉 病児保育事業
市町村名
福生市
内容

病中又は病気の回復期にある生後6カ月から小学校6年生までの児童を看護師と保育士がお預かりしている。

子育て 小中学校ICT推進事業
市町村名
福生市
内容

福生市教育委員会では国のGIGAスクール構想を受け、市内の小中学校に通う全児童・生徒にLTE通信が可能な学習用iPadを貸し出している。

子育て 学童クラブ・放課後子供教室一体型事業
市町村名
福生市
内容

福生市の放課後子供教室は、平日全日の放課後の開室及び学校の長期休業期間中の開室を行っているが、学童クラブと同一の事業者とすることで円滑な連携を図り、児童と保護者にとって、より魅力的な放課後児童対策を実施している。

子育て ICT教育の充実
市町村名
東大和市
内容

令和3年4月より、市立小中学校に通う全ての児童・生徒に1人1台端末を配備し、「誰ひとり取り残さない、公正に個別最適化された学びを実現する」、GIGAスクール構想を推進

子育て 休日保育の実施
市町村名
東大和市
内容

保育園等の閉園する休日・祝日に、保護者の就労等により家庭で児童の保育ができないときに保護者に代わり、お子様をお預かりする支援制度
・保育料:徴収しない(無料で利用できる)

医療・福祉子育て 産後ケア事業(短期入所型・通所型)
市町村名
東大和市
内容

「出産後、自宅に帰っても家族の手伝いがない」「授乳がうまくいかない」「体調がよくない」など出産後にサポートが必要なお母さんが、委託施設で助産師などの専門家からケアやアドバイスなどが受けられる事業
・短期通所型 1泊当たり6,000円(上限:2泊まで)
・通所型 1回当たり2,000円(上限:4日まで)

子育て医療・福祉 病児・病後児保育のお迎えサービス
市町村名
東大和市
内容

在籍している保育所等でお子様が体調不良となった場合で保護者が迎えに行くことが困難な時に、病児・病後児保育室の保育士が保護者に代わって保育所等にお迎えに行き、保育室で保育する体制を整備
・子どもの搬送に係る費用は徴収しない(無料で利用できる)
・病児病後児保育室の利用は、1回当たり2,000円

子育て 義務教育就学児医療費助成
市町村名
青梅市
内容

都の制度では1 回の受診(調剤・入院費等は別)につき200 円の自己負担があるが、本市独自の施策として、令和4年10月から自己負担額はなし

子育て 妊娠・子育て支援LINE すくすく☆メール
市町村名
八王子市
内容

出産予定日やお子さんの誕生日を登録することで、子育て支援情報やイベント情報などをLINEで受け取れるサービス

子育て 八王子市子育てガイドマップ
市町村名
八王子市
内容

妊娠・出産から子育てまで、各種子育て支援サービスの情報を分かりやすく紹介するガイドブックを発行

子育て 八王子市子育て応援サイト
市町村名
八王子市
内容

イベント情報や子育て関連施設マップなど、妊娠・出産・子育てに関する情報を提供するサイト

子育て移住促進 奥多摩町子ども・子育て支援推進事業
市町村名
奥多摩町
内容

充実した、奥多摩町独自の子育て支援
・保育園保育料助成事業
・学校給食費助成事業
・中学生制服等支援事業
・高校生等通学定期代助成事業 など

子育て医療・福祉移住促進 子育て支援事業
市町村名
檜原村
内容

・乳幼児支援
出生祝金支給、保育料補助、医療費自己負担分助成、ウッドスタート事業(生まれた赤ちゃんに木のおもちゃプレゼント)、ブックスタート事業(3か月検診等の機会に絵本のプレゼント)
・小中学生支援
入学祝金支給、給食費全部補助、通学に要する費用全額補助、医療費自己負担分助成
・高校生支援
就学に要する費用の一部を補助、医療費自己負担分助成
・家族支援
里帰り等妊婦健康診査費用補助

子育て 青少年育成支援金
市町村名
日の出町
内容

青少年(16歳~18歳)にかかる学費や通学費用等に使用した経費について、青少年1人あたり月額1万円を上限に現金を支給(居住・滞納要件あり)

子育て 次世代育成クーポン
市町村名
日の出町
内容

こども(0~15歳)1人につき月額1万円の町内利用クーポン券を交付(居住・滞納要件あり)

子育て 出産助成金
市町村名
日の出町
内容

生まれた子の父又は母に、1回の出産につき3万円支給(居住・滞納要件あり)

子育て 青少年医療費助成
市町村名
日の出町
内容

青少年(16歳~18歳)にかかる保険適用分の医療費の自己負担分(食事療養費は除く)を助成(居住・滞納要件あり)

子育て 乳幼児医療費助成(マル乳) 義務教育就学児医療費助成(マル子)
市町村名
日の出町
内容

乳幼児、義務教育就学児の医療費助成は東京都の制度。所得制限、マル子は通院1回200円の自己負担がありますが、町では、所得制限の撤廃や自己負担分の助成により、医療費を無料化。

子育てその他 海外留学奨学資金等支給制度
市町村名
瑞穂町
内容

海外の高等学校や大学等で学芸や技能を修得しようとする町在住の青少年に、奨学資金と航空運賃の一部を支給

子育て医療・福祉 病児・病後児保育利用料補助金
市町村名
瑞穂町
内容

お子さんが病気等で保育園や学校等に登園、登校させることが困難で、保護者が仕事などの理由で看護ができないときに、町が指定する事業者が提供するベビーシッター等による訪問型病児・病後児保育サービス、または他市の診療所や保育所で実施されている施設型病児・病後児保育サービスを利用した際の費用の一部を補助

子育て医療・福祉 子どもの医療費助成
市町村名
瑞穂町
内容

中学生までの子どもに対し医療費の一部を助成
※所得制限なし

子育て 育児パッケージ
市町村名
瑞穂町
内容

妊娠中にゆりかご面談を受けた方がご出産された後、保健師・助産師が各ご家庭を訪問させていただき、育児パッケージ(子育て応援品)をお渡し

子育て ゆりかごステーション(子育て世代包括支援センター)
市町村名
瑞穂町
内容

専任の相談員である母子保健コーディネーターが、妊娠期から子育て期までのすべての家庭のご相談に対応

子育て 赤ちゃん応援臨時給付金
市町村名
瑞穂町
内容

令和4年4月1日から令和5年3月31日までに生まれたお子さんに、1人あたり5万円を給付

子育てしごと 女性の働き方サポート推進事業(ハンサム・ママ)
市町村名
西東京市
内容

子どもや家庭を大切にしながらも母として、女性として働きたい「理想の働き方」の実現に向けて、専門家や仲間と一緒に取り組むプロジェクト
・就職・復職・起業に向けたスキル習得講座、情報交換、専門家による個別指導など多様なプログラムを実施

子育て るのキッズ
市町村名
あきる野市
内容

安心して子どもを産み育てることができるように、妊娠、出産、子育て支援、就労支援などの情報をまとめたネット上の総合窓口となるあきる野市子育て応援サイト

子育て 子育てステーション ここるの
市町村名
あきる野市
内容

ワンストップで支援が行えるよう、保育園・幼稚園や医療機関など、関係機関との連携を図りながら、さまざまな支援を実施

子育て医療・福祉 児童育成手当(障害手当・市制度)
市町村名
羽村市
内容

児童育成手当(障害手当・都制度)の対象から外れてしまう、都制度の認定より軽度な障害を持っている児童の養育者に対して市の独自に障害認定基準を設け支給しています。

子育て移住促進 はむら家族プロジェクト
市町村名
羽村市
内容

市民の皆さんが暮らし・子育てする中で感じている羽村市の価値をまとめたブランド「東京で子育てしやすいまち」を推進するプロジェクト。

子育て 稲城市立中学校の部活動における外部指導者配置事業
市町村名
稲城市
内容

企業版ふるさと納税等の財源を活用し、市立中学校の運動部の外部指導者として専門技能を持った方へ依頼し、指導してもらう事業を実施。

子育て 子どもカフェ「みんなのおうち」
市町村名
武蔵村山市
内容

就学前のお子さんとその保護者が自由に遊べるひろば。ちょっとした子育ての相談もお受けしている。また、お昼の時間(午前11時45分から午後1時まで)には、持ってきたお弁当を食べることもできる。
毎月、季節のイベント、製作、講座など、楽しい催しを行っている。

開設日:毎週火曜日から木曜日まで(祝日は除く)
開設時間:午前10時から午後2時まで

子育て ベビーシッター利用支援事業
市町村名
武蔵村山市
内容

待機児童解消対策の一環として、0歳児から2歳児までの待機児童の保護者又は育児休業を1年間取得した後、復職する保護者を対象として、お子さんが保育所等に入所できるまでの間、東京都の認定を受けたベビーシッター事業者を利用する場合の利用料はの一部を補助する事業。

子育て 保育コンシェルジュ事業
市町村名
武蔵村山市
内容

小学校就学前の児童の保護者が保育サービスを適切に選択し、かつ、円滑に利用できるよう、保育サービスに係る情報の集約・提供、相談対応、利用の支援・援助を行う事業。

実施場所:市役所1階子ども青少年課保育・幼稚園係窓口
実施時間:月曜日から金曜日(休日を除く)
     午前9時から正午まで
     午後1時から午後5時まで

子育て 産後ケア事業
市町村名
武蔵村山市
内容

出産後、自宅に帰っても家族等の支援が受けられない方や、体調がよくない、授乳が上手くいかない、赤ちゃんのお世話の仕方が分からない等の育児支援が必要な方に対して、専門家(助産師)から心身のケアや育児の相談等を受けられる事業。
産後ケア事業は、短期入所型、通所型及び居宅訪問型の3種類があり、支援が必要な方の状況や希望に応じて、サービスを利用することができる。

子育て 子育て世帯包括支援センター「ハグはぐ・むらやま」
市町村名
武蔵村山市
内容

妊娠期から育児期にわたる「切れ目のない支援」のために、子育て世代包括支援センター(ハグはぐ・むらやま)に保健師等を配置し、「母子保健サービス」と「子育て支援サービス」を一体的に提供している。
市内の全ての子育て家庭に対して妊娠期から保健師等が面接、相談等を行い、出産・子育てに関する不安を軽減するとともに、育児に関する悩み事等に対応する相談支援を行っている。

子育て 義務教育就学児医療費助成事業(※令和4年10月~所得制限無し)
市町村名
国分寺市
内容

義務教育就学時(小学1年生~中学3年生)が保険診療でかかった健康保険が適用される医療費の一部を助成。
・通院1回につき、自己負担額上限200円
・調剤、訪問看護、入院時における保険診療の自己負担は0円
※令和4年10月~所得制限無し。

子育て すくすく訪問事業
市町村名
東村山市
内容

乳児家庭全戸訪問(こんにちは赤ちゃん訪問)を終えた、就学前のお子さんのいるご家庭に対して市の地域担当保育士がご家庭を訪問しお子さんの事で心配な事や、子育てで分からないことなどを相談いただいたり、地域の子育て情報などを紹介

子育て医療・福祉 義務教育就学児医療費助成制度
市町村名
東村山市
内容

児童を養育している方に対し、児童に係る医療費の一部を助成(所得制限あり)

子育て医療・福祉 乳幼児医療費助成制度
市町村名
東村山市
内容

乳幼児を養育している方に対し、乳幼児に係る医療費の一部を助成(所得制限なし)

子育て 病児・病後児保育
市町村名
日野市
内容

病気中、または病気の回復期にあるお子様で、仕事等の理由により家庭での保育が困難な場合に、看護師のいる施設で一時的に保育する事業。
事前登録料、利用料金が必要。(一部施設において、市内在住者の利用料優遇措置あり)

子育て ファーストバースデーサポート
市町村名
日野市
内容

市内在住の1歳を迎えるお子様がいるご家庭を対象に、市内児童館各所で育児パッケージをプレゼントする事業。
「とうきょうパパママ応援事業」の1つで、令和6年度までを予定として実施。

子育て 産後家庭向け配食サービス
市町村名
日野市
内容

新生児を育てるお母さんを応援するため、おおむね産後2か月以内の方に栄養バランスの取れた昼食のお弁当を配達。自己負担500円/食

子育て ぽけっとなび
市町村名
日野市
内容

日野市で子育て中の方、今後子育てを始める方を対象に、子育てに必要な行政情報を届ける無料(※)のWebサービス。
スマートフォンアプリとしてもリリース。
お子様の予防接種スケジュール作成、成長記録管理、子育て関連施設の予約や地図検索の機能を搭載。
※通信費等は自己負担

子育てその他 日野市ファミリー・サポート・センター
市町村名
日野市
内容

手助けを必要とする方(依頼会員)と手助けをしたい方(提供会員)が、相互援助活動を実施する会員組織。
援助活動内容は保育、家事、妊産婦、高齢者など。
日野市がNPO法人市民サポートセンター日野へ運営委託。

子育て マイ保育園事業
市町村名
町田市
内容

身近な保育園を「マイ保育園」※1として登録した在宅で育児をしている家庭に対して、子育てについての相談、情報の提供などを行う。
※1 マイ保育園
在宅で子育てしている家庭に子育てに関する相談や情報提供などを行う認可保育所等のこと。

子育て 送迎保育ステーション
市町村名
町田市
内容

朝と夕方、児童が日中在籍する指定保育所等に登園するまでの間と、降園してから保護者が迎えに来るまでの間、その児童を一時的に預かる保育施設。専用車両を利用して、児童を送迎保育ステーションから日中在籍する指定保育所等まで送迎。

子育て医療・福祉 子ども創造キャンパスひなた村
市町村名
町田市
内容

町田市のほぼ中央の緑豊かな小高い丘にあり、林の中の広場やレクリエーションルームやカリヨンホールなどの貸出施設を備えた子どもたちのための施設。子どもたちの心身の健やかな育成を図るための野外体験、創作体験、担い手育成等の事業を実施。
・休館日 第1・3火曜日、祝日の翌日、12月28日から翌年1月4日
①子どもの居場所としての利用 
【4月から9月】9時~18時
【10月から3月】9時~17時
・利用対象者 0歳~18歳とその保護者(市外の方も利用可能)
・料金 無料(イベント時は実費を徴収)
②貸出施設の利用 
9時~21時
・利用対象者 まちだ施設案内予約システムへの登録をされた方及び市民団体(別途子ども団体優遇制度あり「子ども団体登録制度」)

子育て医療・福祉 町田市子どもクラブ
市町村名
町田市
内容

子どもセンターから距離があり、子どもの人口の多い地域に設置している小型の児童館。多目的ホールや乳幼児コーナーなどがある。子どもたちの心身の健やかな育成を図るためのイベントやプログラムも実施。
・休館日 
【南町田子どもクラブ以外】日曜日、祝日、12月28日から翌年1月4日
【南町田子どもクラブ】木曜日(祝日の場合は開館)、祝日の翌日、12月28日から翌年1月4日
・開館時間 10時~18時
・利用対象者 0歳~18歳とその保護者(市外の方も利用可能)
・料金 無料(イベント時は実費を徴収)

子育て医療・福祉 町田市子どもセンター
市町村名
町田市
内容

0~18歳までの子どもが集い、自由に遊べる施設で、子どもたちの遊び、成長、発達の拠点として様々な活動やイベント・プログラムを実施。町田市に5施設(分館を除く)。バスケットボールやダンスなど体を動かして遊べるプレールームや調理室、工作室、図書コーナーがある。また、中高生のための音楽活動ができるスタジオなどもある。
・休館日 毎週火曜日(火曜日が祝日の場合は開館)、祝日の翌日、12月28日から翌年1月4日
・開館時間 10時~21時 ※大人の方と来ていない小学生は18時まで
・利用対象者 0歳~18歳とその保護者(市外の方も利用可能)
・料金 無料(イベント時は実費を徴収)

医療・福祉子育て 町田市放課後子ども教室「まちとも」事業
市町村名
町田市
内容

放課後の小学校の校庭や余裕スペースに子どもの遊び場を設け、地域住民が見守る事業を実施
・曜日 基本毎週月~金
・時間 放課後~17時
・料金 無料(イベント時は実費を徴収)

子育て医療・福祉 学童保育クラブ事業
市町村名
町田市
内容

仕事をしているなどの理由で、児童の保護者等が日中不在になるご家庭の児童をお預かりし、適切な遊びと生活の場所を提供して、その健全な育成をはかる。
町田市では、低学年児童(1~3年生)と障がい児は、一斉受付期間に申込みがあった場合、全員を受け入れる「全入」制度を導入。高学年児童(4~6年生)は各学童保育クラブの定員状況に応じた入会となる。

・対象児童 市内に在住している小学1年生~6年生
・開所日 
【授業がある日】下校から18時
【土曜日及び学校休業日】8時30分~18時
※別途特別保育(延長利用)あり
・育成料 月額9,000円(世帯の所得による減額・免除制度あり)
・特別育成料(延長料金) 日額500円(月4日以上利用の場合、月額上限2,000円)

子育て医療・福祉 冒険遊び場事業
市町村名
町田市
内容

公園や広場等の一部を利用して「自分の責任で自由に遊ぶ」ことで、冒険・挑戦・体験を全身で体験できる子どもの遊び場。常駐するプレーリーダーが、子どもの「やってみたい!」を後押しし、また、大きな危険が及ばないように見守る。
冒険遊び場には、「常設型冒険遊び場」と「定期開催型冒険遊び場」の2種類がある。
・閉園日及び開園時間 各冒険遊び場で異なる。ホームページで確認可。
・利用対象者 0歳~18歳とその保護者(市外の方も利用可能)
・料金 無料

子育て住まい ひとり親家庭等住宅費助成
市町村名
武蔵野市
内容

市内に6か月以上在住し、20歳未満の児童がいるひとり親家庭等の父、母または養育者で、民間共同住宅等を借りて家賃を払っている方を対象に助成。※所得制限あり
1か月あたり10,000円(家賃が10,000円未満の場合は支払家賃相当額)

子育て医療・福祉 子育て応援サイト「むさしのすくすくナビ」
市町村名
武蔵野市
内容

子育て応援サイト「むさしのすくすくナビ」に登録すると、 市からのお知らせや各種イベント情報などがEメールで届きます。また、管理が難しい予防接種のスケジュールが自動で調整されます。接種日が近づくとEメールで知らされ、接種漏れや接種間隔のミスを防ぐことができます。そのほか、サイトには子育てに関する様々な情報がまとめて掲載されています。

子育て ベビーカー貸出しサービス「ベビ吉」
市町村名
武蔵野市
内容

ベビーカー貸出しサービス事業「ベビ吉」は、吉祥寺駅周辺でどなたでも無料で利用できるサービスです。各事業者の協力のもと順次貸出場所を増設し、現在までに4カ所、計18台が稼働しています。

子育て ふたご・みつごのつどい
市町村名
武蔵野市
内容

ふたご・みつごのお子さんと家族のためのつどいです。多胎ならではの悩みを相談したり、多胎育児のアイデアや情報交換などをしながら楽しく過ごせます。

子育て コミセン親子ひろば
市町村名
武蔵野市
内容

市内のコミュニティセンター・市民会館で実施している0歳から未就学児のための親子のための遊び場です。スタッフによる手遊びや読み聞かせ、子育ての情報交換などをして楽しく過ごせます。

医療・福祉子育て 高校生等医療費助成事業
市町村名
武蔵野市
内容

子どもの医療費助成の対象とする子どもの年齢を15歳から18歳に引き上げ、市独自で高校生等の保険診療自己負担分を助成
※所得制限なし

子育てその他 こうのとりベジタブル事業
市町村名
武蔵野市
内容

赤ちゃんの誕生をお祝いし、出産を機にご家族の皆様に地元の新鮮な野菜の味に親しんでいただき、食育と地産地消を推進する事業。
赤ちゃんが誕生したご家庭に、「こんにちは赤ちゃん訪問」として、市から助産師等がお伺いする際に、「野菜等引き換え券」(2000円分)と利用できる取扱店の一覧「武蔵野市農産物直売所マップ」を配布している。